シムポン

あなたのスマホ代をお得にするおすすめ格安SIMをご紹介!

格安SIMの基本

白ロムと赤ロムってなに?スマホ中古端末を購入するときの注意点

投稿日:

注意点

格安SIM会社で契約をする場合、新規でスマホ端末を購入したい。もしくは乗り換えと同時に買い替えをしたいと検討される方も多いと思います。

その場合、契約しようとしている通信事業者から端末セットで購入する、中古端末販売店から購入する、iPhoneであればApple Storeやオンラインで購入できるApple.comで買う等いくつかの選択肢がありますが、中古端末を購入する際は注意するべきことがあります。

とくに注意すべきは、赤ロム!

ん?赤ロムとはなに??と思われる方もいると思いますので、今回は中古端末購入時に必要な知識、特に「赤ロム」を中心に説明をしていきます。

中古端末購入時に注意するべきこと

中古購入時に注意すること

中古としてスマホを買う場合、商品の状態や値段を確認するのは当たり前ですが、ただ単に料金の安さだけで購入してしますと後で後悔することになりかねません。

値段や製品の程度以外に確認すべき項目としては、「SIMロック解除がされているか」、「赤ロム補償が付いているか」、「ネットワーク利用制限がかかっていないか」、「選んだ格安SIM会社で使える端末か」は最低でも確認しておきましょう。

では、それぞれの言葉の意味も含めたうえで説明していきたいと思います。

SIMロック解除とは

最初からSIMフリー端末を購入する場合は気にすることはありませんが、auやドコモそしてソフトバンクで購入した前使用者が売却をしたスマホだった場合、SIMロックがかかったままの可能性があります。

SIMロックとは、それぞれのキャリアがそのままの状態では他の通信事業者のSIMカードを認識しないように、端末にロックをかけた状態のことで、このままで格安SIMのSIMカードを差し込んでもネットはおろか電話さえ出来ません。

ちなみに、ドコモやソフトバンクでは前に使っていた使用者が、契約を解約してから一定期間しかロックを解除することができないので、せっかく購入したスマホが希望する格安SIM会社で使えないということが発生します(涙)。

基本的には、ドコモ回線を利用した通信事業者はドコモ購入端末のau回線を利用した通信事業者はau購入端末のSIMロック解除不要となっていることが多いのですが、いずれにせよ後々のことを考えたら「SIMロック解除」をしている端末を選ぶのがおすすめです。

白ロムと赤ロムの違い

一番の注意点である赤ロムを説明する前に、分かりやすくするため白ロムについて書いていきます。

以前の携帯電話は、端末本体に電話番号や契約情報等が書き込まれていました。

この書き込まれている情報を削除したものが、過去は白ロムと呼ばれていましたが、現在では電話番号等必要な情報についてはすべてSIMカードに記載されており、このSIMカードが抜かれている状態の携帯端末を総称して白ロムと呼んでいます。

対して赤ロムですが、各大手キャリアでスマホを購入する場合、多くの人が一括購入ではなく分割購入をしています。

この分割購入で残債がある状態で前使用者が支払いをしなくなった場合には、キャリア側でネットワーク経由で利用制限をします。このネットワーク利用制限の状態になった携帯端末のことを「赤ロム」と呼びます。

盗品や詐欺など不正をして、利用制限された場合も赤ロムに含みます。

つまり、前利用者が返済を滞らせた段階で中古で購入して今まで普通に使えていたスマホが急に使用できなくなるんです・・・。

中古端末販売業者では、この対策として「赤ロム補償」をしていることも多いので、補償がしっかりと付いていることと、もしそのような状況になった場合に、どの程度まで補償してくれるのかの補償内容をしっかりと確認しておきましょう。

ネットワーク利用制限の確認

今後使用していて赤ロムにならないか(利用制限がかけられないか)は、残念ながら分かりませんので赤ロム補償の有無で判断するしかありませんが、現段階での利用制限状況は調べる方法があります。

各中古端末販売業者サイトの商品ページを確認すると、下記画像のようにIMEI番号(製造番号)が記載されていますのでコピーをして下さい。

IMEI確認箇所

次に、各大手キャリアで利用制限有無の確認ができるページがありますので、アクセスして先ほどのIMEI番号を入力します。

これだけで、簡単に確認ができるので確実に行っておきましょう。

格安SIM会社で使用できる端末かを確認しよう

使える端末の確認

中古スマホを検討している段階で、すでにどこの格安SIM会社にするかはある程度決められていると思います。

ここで一点注意することがあるのですが、それは選んだ会社によって通信回線の違いから使用できない端末があるということ。

ドコモの通信回線を使用している格安SIM会社であれば、ドコモで販売されたスマホはそのままで使用可能ですが、auで販売されたスマホについては必ずSIMロック解除が必要となり、auの通信回線を使用している格安SIM会社であればドコモで販売されたスマホがSIMロック解除が必要等、一定の制限があります。

どの会社を選択しても、現在では大手キャリアで購入できるSIMロック解除可能なスマホ端末が使えるようにはなっていますが、確認することでさらに安心して契約をすることができるので、各格安SIMで掲載している動作確認済端末一覧にてご自身のスマホが対象であるかをご確認ください。

動作確認済端末一覧に記載がなくても、基本的にはSIMロック解除さえできる端末であれば使用可能です。ただし、どの格安SIM会社の公式サイトにも記載があるとおり自己責任でという形になるので、当サイトでは第一に動作確認がされている端末を使うことをおすすめしています。

当サイトでおすすめしている格安SIM会社は下記より確認可能です。

  1. UQモバイルの動作確認端末一覧
  2. mineo(マイネオ)の動作確認端末一覧
  3. LINEモバイルの動作確認端末一覧
  4. U-mobileの動作確認一覧
  5. BIGLOBEの動作確認端末一覧

スマホ中古端末を購入するときの注意点のまとめ

Point新規で購入するよりも安価で購入でき、中には未使用品で非常に程度の良い商品を買うことができるのもメリットの中古端末ですが、なにも考えないで行動すると後で後悔する可能性もあります。

まとめると、確認すべきことは以下の4点

  1. SIMロック解除はされているか
  2. 赤ロム補償の有無とその内容
  3. 現時点でネットワーク利用制限はされてないか
  4. 選択した格安SIM会社で利用可能なスマホか

この点にしっかりと注意して購入すれば、使えないといったリスクを減らせて安心して買うことが出来るはずです♪

-格安SIMの基本

Copyright© シムポン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.