シムポン

あなたのスマホ代をお得にするおすすめ格安SIMをご紹介!

MNP方法

auからの格安SIM乗り換えSTEP3-MNP予約番号を申し込もう

投稿日:

MNP方法

前回は、auからの格安SIM乗り換えSTEP2でSIMロック解除について確認を行いましたが、ここから本格的にauの契約解除手続きに進んでいきましょう!

今現在、auで使用している電話番号そのままで格安SIMに乗り換える際は、auでの手続きが必要です。

この時に必要なのがMNP(モバイルナンバーポータビリティ)というもので、予約番号という形でauから発行されます。

手続きは、ウェブサイトからは出来ずに直接auショップに行くか、電話にてお願いをするかの2通りのみ。ウェブサイトで手続き出来ないのはちょっと面倒ですが、手続き自体は簡単であっという間に終わりますよ。

ただし、店員さんからの若干の引き留めはあるかも知れませんので負けないようにしましょう(笑)。

それでは、2通りの方法と手続き前に確認するべきことについて説明をしていきます。

MNP前の最終確認

MNP予約番号を発行するだけでは、auの契約は解約になりませんが、新しく契約する格安SIM会社でMNP予約番号を使って申し込みを行い、そのSIMカードをスマホにセットした段階でauとの契約は終了となります。

その場合、せっかく長期間貯めていたポイント等もなくなるので注意が必要です。

分割購入したスマホの残金を確認しよう

格安SIMに乗り換えた場合、auで購入したスマホの残金が残っていれば、格安SIM会社への支払いとauへの残金分割支払いが発生する。もちろん残金の一括払いは可能ですが、いずれにしても乗り換え時はこの費用まで含めたところで考えないといけません。

まあ、含めても格安SIM会社の方が十分安くなると思いますが・・・。

スマホの残金確認方法については、乗り換えSTEP2で説明しているので参考にしていただき、後悔しないように再度確認を行ってくださいね。

参考auからの格安SIM乗り換えSTEP2-SIMロック解除をしよう

au保有ポイントを確認しよう

ついつい忘れがちなのが、auから付与されるポイントです。

このポイントは、auの料金支払いに使うこともできますし、au WALLETプリベイトカードにチャージすることもできたりするので、そのままポイントを失効してしまうのはすごくもったいないです。

ポイント利用方法としておすすめなのが、au WALLETカードにチャージする方法!

実は、契約を解約してもauのポイントはもちろん貰えなくなりますが、カード自体は使うことができるんです。ですので、一旦チャージをしておけばいろいろな場面での支払いに利用することができますよ♪

1.今貯まっているau保有ポイントは、「My auアプリ」のトップページで確認することができます。

保有ポイント確認

2.ちなみに、そのままチャージする場合は、保有ポイントが記載してある箇所をタップして、次の画面で「その他の使い方」をタップします。

その他の使い方をタップ

3.すると、下記画像のように「プリベイトカードへのチャージ」と記載されている箇所がありますのでタップ

プリベイトカードへチャージ

4.チャージ(入金)をタップ

チャージをタップ

5.その他のチャージ(入金)方法のところに「ポイント」があるのでタップ

ポイントをタップ

6.あとはチャージ額を入力するだけ。100円単位でしかチャージできないのはちょっと不満ですが、ポイントを失くすよりはマシですね。

チャージ金額を入力

20歳未満の方は、チャージが出来ませんので「au WALLET Market」でショッピングをする等、有効に活用ください。

MNP予約番号申し込み2通りの方法

さてここからが本題になるのですが、どちらの方法で申し込むかは好みで分かれるところです。ショップで行えば話しをしながら、いろいろな質問ができるというメリットがありますし、電話には引き留めを断りやすいというメリットがあるので、ご自身の状況で判断してください。

MNP予約番号申し込みをauショップで行う方法

まずは、auショップに行って店員さんにお願いする方法から説明します。

まず、手続きに必要な書類は契約者本人が確認できる運転免許証や健康保険証等の1点のみ。印鑑はおろかスマホ端末を持っていくことすら必要ありません。まあ、携帯は皆さん普通に持っていかれると思いますけどね(笑)。

あとは用件さえ店員さんに伝えれば手続きを進めてくれるのですが、1点だけ注意点が・・・。

乗り換えをするときは、解約したいと言わずに「MNPで他社に乗り換えをしたい」と確実に伝えてください。ただ解約をする場合とMNP予約番号を発行して解約する場合では、手続きの流れが違いますのでちゃんと伝わっていないと解約で話しが進んで取り返しのつかないことになります。

しっかりと伝えることが出来れば、会話の中での店員さんによる引き留め作戦の壁を乗り越えて、最後にタブレットにサインをすれば終了です。対面で断るのはちょっと気が引けますが、勇気を出して頑張ってくださいね。

電話でMNP予約番号を申し込む方法

auショップに行って直接話さない分、電話による申し込みはちょっと気が楽ですので、引き留めを断るのにあまり自信がない方はこちらの方法をおすすめします。

電話での申し込みの場合、とくに準備するものはありませんが「契約者本人からの電話」が必須です。

まずは、下記MNP受付窓口電話に電話します。

MNP受付電話:0077-75470(通話無料)
受付時間:9:00~20:00

すると自動音声ガイダンスが流れますので、ガイダンスに従ってMNP予約番号申し込みの数字を押します。

番号入力後、オペレーターの方に変わりますので自分の名前と予約番号を発行したい携帯の電話番号、そして暗証番号を聞かれると思うのでau契約時に設定をした暗証番号を伝えてください。

上記内容を伝えたら、オペレーターさんから転出に伴う注意点等の説明がありますので、内容についてしっかりと聞いて、不明点があればその場で質問をするのがよいかと思います。

ひと通りの説明が終わったら、説明内容に同意をすることでMNP予約番号を口頭で教えてもらえますのでメモをしておきましょう。番号についてはあとでCメールでも通知がくるので、もし忘れたという場合でも安心してください。

MNP予約番号発行後に乗り換えを行わなかったらどうなるの?

予約番号には有効期限(発行後15日以内)があり、格安SIM会社へのウェブサイトからの申し込みとSIMカードが手元に届くまでの日数を考えたら、あまり余裕はありません。

実際に、格安SIM会社によって有効期限が10日残っていないと契約手続きが出来ない場合もあります。

では、うっかりして有効期限が切れていた場合はどうなるかというと、その予約番号自体が無効となってauの契約も継続されます。すべてがゼロ(MNP予約番号発行前)の状態になるので心配ありません。面倒ですが、再度申し込みをすればよいだけですね。

MNP予約番号の申し込みまとめ

PointauからのMNP手続きと注意点について説明しましたが、どうでしたでしょうか。私も最初は手続きが面倒、難しそうと思っていましたが実際行ってみるとすごく簡単でした。

今回の注意点としては、

  • スマホ端末の残金をしっかりと把握しておく
  • 保有ポイントが残っていないか確認する
  • MNP予約番号発行後の有効期限内は15日
  • 有効期限内に乗り換えが出来なくても再申し込みが可能

といったところです。

以上のことに気をつけて、電話番号そのままの乗り換えにチャレンジしてくださいね♪

-MNP方法

Copyright© シムポン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.