シムポン

あなたのスマホ代をお得にするおすすめ格安SIMをご紹介!

豆知識

【必須】格安SIM乗り換え前に行おう!iPhoneのAppleID変更方法

更新日:

AppleID変更手順

iPhoneでAppleのサービスを利用する際には、Appleに登録をしたApple IDとパスワードが必要となります。

格安SIMに乗り換えた後も、サービスを継続して使うためにはこのApple IDとパスワードが必要となりますが、ここでひとつの問題点。

Apple IDはメールアドレスで登録されているので、au/ドコモ/ソフトバンクのキャリアメールで設定している方がほとんどではないでしょうか。

その場合は、大手キャリア解約と同時にキャリアメールも使えなくなるため、Apple IDについても使用不可となります。

関連格安SIMはキャリアメールが使えない!?問題を解決する3つの対処法

つまり、事前にApple IDの変更をしておかないとAppleのサービスが利用できないという状況になるんですよね。涙

今回は、そのようなトラブルを防ぐために格安SIM乗り換え前に行うべき「Apple IDの変更方法」について解説していきます!

Apple IDの変更ができないとお悩みの方は参考にどうぞ。

Apple ID変更前の事前準備

まず、ID変更前にしておいた方がよい手順がありますので、こちらから先に行うようにしてください。

またApple IDの変更には、新しいメールアドレス(フリーメール可)が必要となります。メールアドレス未取得の方は下記の記事を参考にどうぞ。

参考格安SIMにおすすめ!Gmailアカウント作成方法と使い方まとめ

OSのバージョンアップ

現在お手持ちであるiPhoneのOSバージョンが最新版でない場合は、事前に最新版へのアップデートをしましょう。

古いままのバージョンだと、IDの変更処理がうまくいかなかったというトラブル事例もあるようです。

アップデート手順としては、

1.iPhoneホーム画面の「設定アイコン」をタップし、続けて「一般」をタップ。

アップデートはWi-Fi環境で行う必要があります。自宅のWi-FiもしくはWi-Fiスポット等を活用ください。

設定アイコン

一般をタップ

2.ソフトウェア・アップデート」をタップして、「ダウンロードとインストール」をタップします。

3.パスコードを設定している場合は、パスコードの入力を求められるのでパスコードを入力し、次の画面で利用規約を確認後、「同意する」をタップ。

4.ダウンロード完了後に表示される画面で、「今すぐインストール」を選択。

これらの手順完了後に、iPhoneの再起動が始まればアップデートは終了です。

Appleサービスのサインアウト

OSのバージョンアップと同様にトラブル報告があるのが、Appleのサービスを先にサインアウトしてなかったためにID変更ができなかったという事例。

下記のサービスをサインアウトしていないと、サインインの際に「旧IDの入力を求められる」→「大手キャリアを解約してるので旧IDが使えない」という場合があるようです。

サインアウトが必要なサービス

  • Apple Store
  • iTunes Store
  • iCloud
  • FaceTime
  • iMessage
  • iPhoneを探す

これらのサービスをひとつひとつサインアウトしていきましょう!

Apple StoreとiTunes Storeのサインアウト手順

1.設定から「iTunes StoreとApple Store」をタップ。

設定アイコン

iTunesとAppleStore

2.Apple IDが記載されている箇所をタップして、「サインアウト」を選択。

AppleID記載箇所

サインアウト

iCloudのサインアウト手順

1.設定から「アカウントとパスワード」をタップ。

設定アイコン

アカウントとパスワード

2.iCloudをタップして、次の画面の1番下にある「サインアウト」をタップ。

iCloudをタップ

サインアウト

3.iPhoneを探すをオフにしますか?と表示された場合は、オフで問題ありません。

FaceTimeのサインアウト手順

1.設定から「FaceTime」をタップ。

設定アイコン

FaceTime

2.Apple IDの箇所をタップして、「サインアウト」を続けてタップ。

AppleIDをタップ

サインアウトをタップ

iMessageのサインアウト手順

1.設定から「メッセージ」をタップ。

設定アイコン

メッセージをタップ

2.送受信」をタップして、次の画面でIDをタップ→サインアウト

送受信をタップ

サインアウト

iPhoneを探す機能をオフにする手順

先にiCloudのサインアウトと同時に、iPhoneを探すをオフにした場合はこの操作は不要です。

サインアウトとはちょっと違いますが、この機能がオンのままだと新しいApple IDでオフにできなくなる可能性があります。

あまり頻繁にオンオフをするような機能ではありませんが、何かしらの設定変更の際に扱わないといけない場合があるかも知れないのでこの操作も行なっておきましょう。

1.設定から「アカウントとパスワード」をタップします。

設定アイコン

アカウントとパスワードをタップ

2.iCloud」をタップして「iPhoneを探す」をタップ。

iCloudをタップ

iPhoneを探すをタップ

3.右側の箇所を左にスライドさせるとパスワードを求められるので、Apple IDのパスワードを入力する。

右側の箇所をスライド

AppleIDパスワード入力

Apple IDの変更方法

ここから本題のID変更を行っていきます。

少々事前準備の説明が長くなりましたが、ここからはあっという間。簡単に終わるので頑張っていきましょう!

1.まず初めにAppleサポート(公式サイト)にアクセスします。

2.最初のトップページで「Apple IDのアカウントページへ」をタップ。

アカウントページへをタップ

3.下の画像のようにアカウントの管理画面が表示されたら「Apple ID」→「パスワード」の順で入力しましょう。

AppleIDとパスワード入力

4.次にサインインの確認画面が表示されるので、「許可する」をタップ。

許可するをタップ

5.Apple ID確認コードが表示されたら、OKをタップして、2ファクタ認証画面で先ほどの確認コードを入力します。

確認コード表示画面

確認コード入力画面

6.アカウントをタップし、Apple IDの変更と記載されている箇所をタップ。

アカウントをタップ

AppleID変更をタップ

7.変更したいApple ID(新しいメールアドレス)を入力して「次へ」をタップ。

新メールアドレスを入力

これでApple IDの変更処理は完了です。

事前にサインアウトした各種サービスに、サインアウトをした要領で新しいApple IDにサインインをしましょう。

まとめ

今回は、Apple IDの変更手順について説明しました。

単純にApple IDを変更したいときはもちろんのこと、格安SIMに乗り換えをするのでキャリアメールが使えなくなるという場合も今回の手順で対応可能です。

ポイントとしては、

  1. フリーメール等の新しいメールアドレスを前もって取得しておく。
  2. OSのバージョンをApple ID変更前に最新版へアップデートする。
  3. Apple IDが紐付けされているAppleのサービスをApple ID変更前にサインアウトする。
  4. 上記準備をしたうえで、Apple IDの変更処理を公式サイトから行う。

以上になります。

手順としてのやるべきことが多いのでちょっと面倒臭いですが、説明したとおりに進めていけば迷うことなく変更可能です。

大手キャリアから格安SIMへという場合は必須作業となりますので必ず行なっておきましょう!

-豆知識

Copyright© シムポン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.