シムポン

あなたのスマホ代をお得にするおすすめ格安SIMをご紹介!

格安SIMの基本

クレジットカードなしで契約可能?格安SIM料金支払い方法を解説!

更新日:

格安SIM料金支払い方法

大手キャリアと比べ、格安SIMでは料金の支払い方法に制限がある会社が多いのが現状です。

具体的には、キャリア3社で普通にできている銀行口座振替が可能な会社が、ほとんどと言っていいほどありません。

ではどうやって支払いをするの?となりますが、格安SIMの支払い方法としてはクレジットカード払いがメインとなります。

とはいえ、中には口座振替が可能であったりプリペイド式のカードで支払いができる格安SIM会社も...。

今回は、当サイトでおすすめしている格安スマホ会社の料金支払い方法について解説しています。

「クレジットカード不要で契約できる会社はあるの?」という方、または「学生だけど格安SIMの支払いはどうすればいいの?」という方は参考にどうぞ。

UQモバイルの支払い方法

UQモバイル

銀行口座振替

UQモバイルは、銀行口座からの振替が可能な数少ない格安SIMです。

ただし、下記2つの条件が設定されており注意が必要

  1. オンラインショップからの申し込みは口座振替不可。
  2. 電話窓口での申し込みは、MNP乗り換え以外での口座振替不可。
MNP(ナンバーポータビリティ)とは?

ざっくり説明すると、今使っている電話番号はそのままで大手キャリア間の乗り換えや大手キャリアから格安SIMへ乗り換えができる制度のこと。

「Webで申し込みをしたい」という場合や、「電話番号も新しくUQモバイルで契約を」という場合には、口座振替が選択できないということですね。涙

なぜこのような取り扱いになっているかは分かりませんが、MNP乗り換えの方で銀行口座からの引き落としでどうしても支払いたいという方にはメリットとなります。

クレジットカード払い

クレジットカードからの振替については、新規もしくはMNP乗り換えのどちらでも可となっています。

また通常、家族名義のクレジットカード引き落としは不可となっている場合が多いのですが、以下の条件付で契約することが可能。

  1. UQモバイル取扱店で申し込みを行うこと。
  2. 家族であることの証明書が準備できること。

基本的には本人のクレジットカードでということでしょうが、離れて暮らす親の契約分を自分のクレジット払いでという場合に活用できそうですね。

デビットカードやプリペイド式のカードは利用できる?

今現在、デビットカードやプリペイド式カードでの支払いはできません。

BIGLOBEモバイルの支払い方法

BIGLOBEモバイル

銀行口座振替

BIGLOBEモバイルについては、UQモバイルと同じく銀行口座振替を選択することができますが、BIGLOBE会員かそうでないかによって条件が異なります。

BIGLOBE会員以外の場合

データ通信に限定した「データ通信SIM」で申し込みの場合は、口座振替も可能

BIGLOBE会員の場合

  1. BIGLOBEで光回線契約をしている場合は、現在登録している支払い方法が口座振替であれば、データ通信SIM・音声通話SIMにかかわらず銀行口座振替が可能。
  2. その他のBIGLOBE会員の場合は、スマホセット申し込みでなければ銀行口座振替が可能。

説明した通り、条件によっては口座振替ができるんですが1点大きな注意点が...。

口座振替は200円/回の手数料が発生するんですよね。涙

月に200円ですよ。200円!

せっかく格安SIMに乗り換えて毎月の料金が下がったのに、プラスの手数料を払うのはもったいないので、クレジットカードを持っている場合は、迷わず手数料なしのクレジット払いを選択しましょう。

クレジットカード払い

国内で発行されたクレジットカードであれば支払い登録が可能で、手数料も一切発生しません。

ただし、本人名義のカードに限られているので、「子どもにスマホを持たせたい」という場合も親の名義で契約する必要があります。

デビットカードやプリペイド式カードは利用できる?

デビットカードもプリペイド式カードも利用できません。

mineo(マイネオ)の支払い方法

mineo

銀行口座振替

基本的に銀行口座振替はできませんが、インターネット回線の「eo光ネット」を利用していて、銀行口座振替で支払いをしている場合は同様の支払い方法が可能となってます。

eo光ネットを利用しているユーザーがどの程度いるか分かりませんが、これってどうなんでしょうかね。ちょっと微妙です...。

クレジットカード払い

マイネオではVISAやMasterCard等、基本的にはほぼすべてのクレジットカードが支払いとして使用できます。

ただし、BIGLOBEモバイルと同じく本人名義のクレジットカードしか登録できません。

デビットカードやプリペイド式カードは利用できる?

マイネオのユーザーサポートには以下の記載があります。

デビットカードやプリペイドカードはご登録いただけない場合があります。クレジットカードをご登録ください。

引用:mineoユーザーサポート

この文言からすると、「必ずしも利用できない」というわけではなさそうですが、登録できない時の手間を考えると、素直にクレジットカード登録をした方がよいかもです...。

LINEモバイルの支払い方法

LINEモバイル

銀行口座振替

LINEモバイルは銀行口座振替に一切対応していません。支払い方法の選択肢としては、後述するクレジット払いかLINE Payカードのみとなります。

クレジットカード払い

LINEモバイルでも支払い方法のメインはクレジット払いとなり、VISAやJCB・AMEX等、主要国際ブランドのほか、国内で発行された各種クレジットカードが使えます。

注意点としてはマイネオ・BIGLOBEモバイルと同様に、契約者と同一名義のカードしか登録できないことです。

デビットカードやプリペイド式カードは利用できる?

デビットカードは登録不可ですがLINEモバイルの場合、プリペイドカードの「LINE Payカード」での支払いが可能です。

LINE Payカードとは?

LINE社が発行するチャージタイプのプリペイドカード。国内外のJCB加盟店やJCBが使えるネットショップでも利用できて、利用状況に応じた還元ポイントが貰えるのも特徴。

ちなみに、LINE Payカードは「LINEアカウント」さえ持っていれば年齢制限なく誰でも作ることができます。

クレジットカードを持っていない学生さんでも、LINEモバイルで契約することができるのがLINE Payカード最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

また、その都度の入金が面倒くさいという場合には、銀行口座から決まった日に振込を自動的にするオートチャージにも対応してるのが嬉しいところです。

LINEモバイルでスマホを分割購入する場合には、残念ながらクレジット払いしかできません。オートチャージ機能で対応できそうな気がしますが...。ちょっと残念ですね。

クレジットカードがない時の対処法

ここまで説明してきた通り、基本的にはどの格安SIMもクレジット払いがメインとなっています。

でも中にはクレジットカードを持っていないという方もおられるでしょう。

特に、親元を離れて一人暮らしを始めた未成年の学生さんはクレジットカードを作っていない方も多いのではないでしょうか。

ここからは、未成年の学生でも作れるオススメのクレジットカードと初めてクレジットカードを持つ方にオススメのカードを説明していきましょう。

大学生や専門学校生にオススメのクレジットカード

未成年であればクレジットカードが作れないと思われている方もおられると思います。

しかし、現在では未成年の学生さん向けのカードを扱っているクレジットカード会社も多く、一般のカード審査より通りやすいのが特徴でありメリットです。

そもそも収入の少ない学生向けに発行されるものですから、審査基準が甘いのは当然といえば当然ですね。

クレジットカード会社としては、将来の優良な顧客を今のうちから獲得できるメリットがあり、お互いにメリットがあるwin-winの関係となります。

ここでは、数あるクレジットカードの中から厳選して2つを紹介しましょう!

還元率1%!三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

名称三井住友VISAデビュープラスカード(学生)
年会費初年度年会費無料
前年1回の利用で翌年無料(通常税抜1,250円)
入会資格高校生を除く満18歳~25歳が対象
利用可能枠ショッピング:10~30万円
キャッシング:0~5万円
付帯保険年間100万円までのお買物安心保険(※1)

※1 海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。

三井住友VISAデビュープラスカードは、高校生を除く18歳~25歳までの方が申し込み可能な審査に通りやすい学生向けのカードです。

しかも、三井住友VISAの一般カードと比べて還元率が2倍の1%となっておりお得度も申し分ありません。

また、「年会費が高いんじゃないの?」と思われるかも知れませんが、このカードは初年度無料、2年目以降も年1回のカード利用で無料となるので実質無料と考えてOKです。

スマオくん
コンビニでちょっと買い物をするだけで無料になるということなの?
その通り。年1回なら簡単じゃな
シム博士

もちろん、格安SIMの支払いや公共料金の引き落としでも無料条件をクリアできます。

ポイントも貯まって一石二鳥ですね♪

学生だけのメリットが沢山!学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

名称学生専用ライフカード
年会費年会費無料
入会資格満18歳以上満25歳以下の高校生を除く学生
利用可能枠ショッピング:5~30万円
キャッシング:0~10万円
付帯保険海外旅行傷害保険:最大2,000万円(※1)

※1 傷害保険は在学中のみ付帯となります。

こちらのカードは、学生専用の名前が付いているとおり18歳~25歳までの高校生を除く学生だけが作成できるカードです。

特徴としては、海外旅行保険が付いておりカードの海外利用で5%のキャッシュバックがあるということ。

また、付帯サービスで海外旅行先での思わぬトラブルや相談にのってくれる「海外アシスタントサービス」もあり、海外旅行を学生のうちに楽しみたいという方にもピッタリのカードになっています。

気になる年会費も永年無料となっているので初めて持つカードとして最適な1枚です。

初めてクレジットカードを作る方にオススメのクレジットカード

学生さん向けのカードを説明してきましたが、社会人でもクレジットカードをまだ持っていないという方もおられると思います。

学生専用と違い社会人が対象となると、作成できるクレジットカードは星の数ほどあり、正直どれか良いのか判断に迷うかと...。

ですので、ここでは初めて持つカードとして間違いない1つだけをご紹介しましょう!

年会費永年無料!楽天カード

楽天カード

ありきたりかも知れませんが、ここで紹介するのは「楽天カード」です。

テレビCMでもよく流れているので、カードを持っていなくても名前だけは知っているという方も多いでしょう。

もちろん知名度が高いというだけでなく、楽天市場での購入で楽天スーパーポイントが最大3%、加盟店での利用で最大ポイント3%等多くのメリットもあります。

そして、通常多くのカードが2年目から年会費が発生しますが、楽天カードは年会費が永年無料となっている点もポイントです。

顧客満足度で9年連続No.1を獲得してるだけあり、サービス面での不満がない「初めて持つクレジットカードにぴったりの1枚」といえます。

格安SIMの料金支払い方法まとめ

格安SIMの料金支払いについては、基本的にはクレジットカード払いが主流であり申し込みもスムーズに進みます。

ですので、もし今現在カードを持っていないという場合には、格安SIM契約前にカードを作っておくのもひとつの方法です。

学生専用のカードもありますし、いざという時の為にクレジットカードを一枚持っておいても損はないかと思います。

ただ、どうしてもカードが作れないもしくは作りたくない時は、今回説明したクレジットカード以外の支払いができる格安SIM会社を選択するとよいでしょう。

-格安SIMの基本

Copyright© シムポン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.