シムポン

あなたのスマホ代をお得にするおすすめ格安SIMをご紹介!

豆知識

パソコンなしで簡単データ移行!iCloudでのiPhoneバックアップ方法

更新日:

iCloudバックアップ

機種変更をする際に必ず必要となるiPhoneのデータバックアップ。また、突然壊れたという事態に備えて定期的にデータを保存しておいた方が安心ですよね。

中には、格安SIM乗り換えと同時にiPhoneも買い替える方もおられると思いますが、その場合にもデータ移行が必要です。

iPhoneのバックアップ方法としては、大きく分けて2種類。

パソコンを使ったiTunesでの方法と、iPhoneだけでバックアップできるiCloudを利用した方法があります。

前回の記事では、iTunesでのバックアップ方法について説明しましたがパソコンを持っていることが条件なんですよね。

そこで今回は、パソコンがなくてもバックアップ可能なiCloudでのバックアップ方法について説明したいと思います。

手順はすごく簡単なので、iPhone単体でのバックアップをしたいという方は参考にされてください。

iCloudの基礎知識

パソコンを使わずにiPhoneだけでバックアップができるため、すごく便利なiCloudですが何点か注意すべき点もあります。

まずは、ここを確認してからバックアップ作業をするようにしてください。

保存可能な容量

iCloudの無料で利用できるバックアップ容量は、5GBまでとなっています。

ですので、そのままだと5GBを超えた段階でバックアップできなくなります。写真や動画が多めの方は、すぐに超過するのではないでしょうか。

しかしiCloudでは、有料にはなりますが保存容量を増やすこともでき、料金も非常に良心的な設定となっています。

具体的には、下記表のとおり。

容量月額料金
5GB無料
50GB130円
200GB400円
2TB1,300円

使われているiPhone本体の容量にもよりますが、50GBまでであれば130円/月でアップグレートできるのが嬉しいですね。

また、無料版へのダウングレードも自由にできるので、iPhoneの機種変更の時だけ容量をアップさせるのもありかもです。

注意

今回はGoogleフォトというアプリを使用しての写真・動画のバックアップ方法について説明しています。

ここまでiCloudの有料版について説明しておいて使わないんかいというツッコミが入りそうですが...。笑

iCloudのアップグレートをしなくても無料で5GB超過に対応できるので便利ですよ。

iCloudにバックアップできる内容

iCloudは、iPhone本体にある情報をコピーして保存するため、ほぼ網羅的にバックアップが可能です。

バックアップ内容としては、

  • Appデータ
  • Apple Watchのバックアップ
  • iPhone本体に残っている通話履歴
  • 現状のデバイス設定
  • Home kitの構成
  • ホーム画面とアプリの配置
  • iMessage等、ショートメールの内容
  • iPhone本体に保存されている写真や動画
  • Appleのサービスからダウンロードしたアプリや音楽、映画等の購入履歴
  • 着信音の設定

注意点としては、アプリゲームの引き継ぎについてはiCloudだけで可能なものと別に引き継ぎ処理をしないといけないものがあることですね。

▽アプリのバックアップ方法については、下記記事にて説明しているので参照ください。
参考iTunesでiPhoneアプリがバックアップできない場合の対処法!

Wi-Fiがないとバックアップできないの?

iCloudでのバックアップは、Wi-Fi環境でないとできません。

自宅にWi-Fiがあれば問題ありませんが、「ない場合はどうするの?」となりますよね。

その場合は、Wi-Fi環境がある知り合いの人にお願いするか、フリーWiFiスポットを活用しましょう。

容量に応じて相応の時間がかかりますが、後述するアプリ「Googleフォト」で先に写真・動画を減らしてからiCloudのバックアップを行えば、その分時間の短縮ができ便利です。

iCloudバックアップ方法

無料版(容量5GB以内)で事足りる。もしくは有料版へアップデートしている場合は、こちらの手順のみでバックアップできます。

保存する容量でバックアップに必要な時間は大きく変わりますが、手順自体はあっという間に終わるので頑張っていきましょう!

1.まずは設定アイコンをタップして、次の画面でApple IDをタップします。

設定アイコン

AppleID選択

2.iCloudを選択して、iCloudバックアップと記載されている箇所をタップ。

iCloud選択

iCloudバックアップ選択

3.今すぐバックアップ作成をタップして、バックアップが完了するのを待ちます。最終的に作成されたバックアップ日時が表示されれば完了です。

今すぐバックアップ作成をタップ

バックアップ最新を確認

容量5GB超過でバックアップできない時は?

Google フォト

Google フォト
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

パソコンがあれば、パソコンに写真や動画データを移動することで無料で使用できる容量に収めることは充分可能かと思いますが、パソコンがないという場合は困りますよね。

もちろん、iCloudの容量を有料で増やすのもありですが、無料で使えるGoogleフォトを使って対処することが可能です。

多少画質は落ちますが、一切お金を使うことなく容量無制限で保存できるのがメリットなので下記手順を参考にチャレンジください。

Googleフォトはインターネットでデータのやり取りを行うクラウドサービスになります。安全性には定評がありますが、パスワードやID等、重要な個人情報については保存しないことをおすすめします。

1.GoogleフォトアプリをApple Storeからインストールして、インストールされたアプリをタップします。

アプリ選択

2.写真へのアクセス許可および通知の許可を聞いてくるので、写真へのアクセスについては許可を。通知については、お知らせを受け取りたい場合に許可を選択。

写真へのアクセス許可

通知の許可

3.次に表示される画面で、Googleフォトの設定を行い、確認と書かれている箇所をタップします。あとは自動でバックアップしてくれるので楽ちんです。

Googleフォトの設定

自動でバックアップ開始

保存設定内容の変更

先ほどの手順でGoogleフォトにバックアップを行なったら、iCloudに写真と動画を保存する必要はありません。

保存内容を変更して、iCloudへの保存容量を減らしてみましょう。

1.Apple IDを選択して、iCloudをタップ。

AppleID選択

iCloud選択

2.写真をオフにして、次の画面でiCloudフォトライブラリをオフにします。

写真をオフに

iCloudライブラリをオフに

3.ストレージ管理を選択後、このiPhoneをタップ。

ストレージ管理を選択

このiPhoneを選択

4.バックアップを選択し、フォトライブラリをオフにします。

バックアップを選択

フォトライブラリをオフに

ここまでの設定変更が完了したら、あとは通常通りiCloudでバックアップをするだけ。

一番はじめに説明しているバックアップ方法に従って進めてください。

バックアップ方法へ戻る

iCloudバックアップのまとめ

今回はお手軽にiPhoneのデータがバックアップできるiCloudについて説明しました。

iCloudのポイントとしては、以下の3つ

  1. パソコンなしでも簡単にバックアップできる。
  2. バックアップデータ5GB以上の場合は、Googleフォトで容量を減らしてからのバックアップがおすすめ!
  3. 基本的にiPhone本体のデータを丸々コピーするが、一部のアプリについてはアプリ内で引き継ぎ処理を行う必要がある。

Wi-Fi環境がないとできないというデメリットはありますが、なによりiPhoneだけで簡単に行えるのが最大のメリットですね。

今まで容量が5GB超過していてバックアップができなかったという方や、iPhone本体を買い替えるけどデータ移行はどうするのとお悩みの方は今回の手順を参考にしてください。

-豆知識

Copyright© シムポン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.