シムポン

あなたのスマホ代をお得にするおすすめ格安SIMをご紹介!

豆知識

iPhoneペアレンタルコントロールの新機能は?iOS12はいつから可能?

更新日:

ペアレンタルコントロール新機能

アップルから次期OSとなるiOS12の新機能について発表されましたね。

今回のアップデートで多くの機能が追加されますが、中でも特に気になるのが子どものスマホ依存対策として活用できる「スクリーンタイム機能」と「ダウンタイム機能

この機能は、iPhoneを使っている小学生や中・高校生の子どもがいる家庭ならすごく待ち望んでいた機能ではないでしょうか。

そこで今回は、「追加されるペアレンタルコントロール機能はどのようなことができるのか」に焦点を当てて説明していきましょう!

スクリーンタイム機能

アプリ毎に利用時間を制限できる

iOS11までのペアレンタルコントロール機能では、インストール制限や年齢に適したアプリのみインストールさせる設定はありましたが、利用時間制限はできませんでした。

この機能がないために、中には有料のフィルタリングアプリを利用していたという方も多いのでないでしょうか。

iOS12では、この利用時間制限が可能となります。

しかも、個別のアプリで細やかな時間設定ができるので、例えばLINEは22時以降使わせないようにすることや、アプリゲームは17時から19時までならOKというように柔軟に対応可能に...。

これは親としてはすごく助かりますね。

スマホの使用状況を常に監視することはできませんし、子どもが親の目を盗んでゲームをやり続けていたということを私自身嫌というほど経験してますので...。笑

まあ私もゲームは好きなので気持ちは分からなくもないのですが、親として心配なのが依存症になる危険性

この機能を有効に活用することで、LINEを止めるタイミングが分からずに延々と続けるということも防げますし、ゲームのやり過ぎも防止できます。

また制限時間のリミットが近づいたら、あとどのくらいで終わるのかも画面に表示されるので、ゲームの途中で急にできなくなることもありません。

アプリの利用時間制限

さらに親がiPhoneであれば、子どもから親に延長申請も可能なので「明日は休みだからもう少しさせて」という要望にも応えることが可能です。

Webサイトやアプリの利用状況管理

スクリーンタイム機能

この機能では、アプリやWebサイトを1日にどのくらい利用したのか等が管理可能です。

確認できる項目としては多彩で、日単位・週単位で以下のようなことを「アクティビティ・レポート」として詳細にまとめてくれます。

  1. どのアプリをどの程度使用したのか
  2. Webサイトをどのくらい閲覧したか
  3. iPhoneを手にした回数

しかも、アクティビティ・レポートの報告書はペアレンタルコントロール機能として親も受け取ることができるので、スマホの使い方について子どもと話し合うということも可能です。

ただし一方的ではなく、子どもとこの機能を共有することを十分に話し合ったうえで利用することが大切だと思います。

子どもにもプライバシーがありますので、目的をきちんと説明してお互いに納得してから利用しましょう。

なによりも信頼関係が大事ですからね。

ダウンタイム機能

ダウンタイム機能

前述したスクリーンタイム機能はアプリの時間制限をする機能でしたが、こちらのダウンタイム機能では端末の利用を制限できます。

つまり夜10時以降は一切スマホを触らせないということが可能になるということですね。

夜になったらスマホを預かるという方法で、子どもの使いすぎに対処されている家庭もあると思いますが、その手間もこの機能があれば必要ありません。

また、ダウンタイムで時間制限をしても電話機能一部のアプリだけを利用可とすることもできるので、子どもの成長に合わせて柔軟に設定することが可能です。

実際に設定するときは、スクリーンタイムと併用して使うのがベストかも知れませんね。

iOS12の気になる疑問点

iOS12疑問点

アップデートが可能なiPhoneは?

いくら便利な機能が追加されても、自分が使っているiPhoneがアップデート対象でなければあまり意味がないですよね。

また最近では、格安SIMへの乗り換えに伴い中古のiPhoneを選択される方も多いと思うので、「どのモデルから適用できるのか」が重要となってきます。

なのですごく気になるところですが、iOS12へのアップデートはなんとiPhone 5s以降から可能とのこと。

5sの発売日は2013年9月でしたので、約5年前の機種でもバージョンアップに対応しているのは素晴らしいですね。

アップデートの時期はいつ?

アップデートの正式なリリースは2018年秋

ただし、iOS12のパブリックベータ版については正式配信前にインストールができ、下記手順を行うことにより使用可能となっています。

インストール手順

  1. iTunesでバックアップ
  2. 「Apple Beta Software Program」に登録
  3. パブリックベータ版の最新iOS12をインストール

これで、開発者向けに配信されているベータ版と同様の機能を一早く試すことができます。

注意点としては、あくまでも正式発表前のお試しであるため、動作に不具合がでる可能性があるということ。

そのためにバックアップが必須となるわけですが、新機能を早く試したいという方は下記の公式サイトから登録されてみてください。

公式Apple Beta Software Program

設定は親の端末からできる?

ここまで説明してきた利用制限機能については、すべて親側のiPhoneからリモートにて行うことができます。

常に子どもと一緒にいるわけではないので、子どものiPhoneだけでしか変更ができないようだとちょっと不便ですよね。

例えば、「友達と連絡とりたいんだけどちょっとだけLINEしてもいい?」という電話さえもらえば、外出先でも対応できるので便利です。

ペアレンタルコントロール新機能のまとめ

今回は、iOS12の新機能の中でも特に気になるスクリーンタイム機能とダウンタイム機能についてまとめてみました。

アップデートは今秋予定とのことなのでまだしばらく期間がありますが、子どもに安心してスマホを使わせるための強い味方になるのは間違いありません。待ち遠しいですね。

スマホ依存に一度なってしまうとなかなか抜け出せないという話もよく聞くので、この新機能をフルに活用して最初からしっかりとした対策を行っていきましょう!

-豆知識

Copyright© シムポン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.