シムポン

あなたのスマホ代をお得にするおすすめ格安SIMをご紹介!

格安SIMの基本

格安スマホとは何?格安SIMとの違いを説明するよ

投稿日:

格安スマホとは

格安スマホってよく聞きますが、なんのことなのか分かっていないという方も意外といらっしゃると思います。

実際に私もそうでしたし、格安スマホから連想できるのは端末の料金が安いスマホなの?という感じですよね・・・。この記事では格安スマホについて、何の意味なのか分からないという初心者向けに説明をしたいと思います。

格安スマホの意味

格安スマホの意味

今までの大手キャリアと比べ、乗り換えることで料金がすごく安くなる会社があるということは、もうすでに大抵の人が知っていると思います。でも新しく始まったサービスなので、関連する言葉も格安SIMやSIMロック解除・SIMフリー等、聞きなれない単語ばかりですよね・・・。

格安スマホという言葉についても、スマホの端末代が安いのではと思われるかも知れませんが、意味としては違います。

本当の意味は、格安の料金でサービスを提供している「MVNO」の会社で契約して使用するスマホのこと。

auやドコモ・ソフトバンクで契約していた時よりも、月額料金が格安でスマホを持つことができるので「格安スマホ」と呼ばれるようになったということですね♪

じゃあ、スマホの端末代は高いの?

先に、「格安スマホ=端末料金の安いスマホ」ではないことを説明しましたが、低価格のスマホであるというものあながち間違いではありません。

ちょっと話しがややこしくなるかも知れませんが、格安スマホ会社で購入する端末については大手キャリアと比べ料金が安いものが多く、どこの通信会社でも使える「海外製のSIMフリー端末」が大部分となっています。

海外製といっても国内製と比べ機能が劣っているわけではありませんので、単純にお得に購入できるというメリットも格安スマホ会社の良い点であると思います。ちなみに日本以外では「SIMフリー端末」がメジャーです!

選ぶ会社によって使用できる機種に違いがありますが、iPhoneについても使用可能で、UQモバイルでは無料通話とデータ容量6GBのプランであれば、端末代月々540円でiphone SE(32GB)が新規購入できます。セットでの月額使用料も3,800円程度となりますので、すごくお得ですよね♪

ちなみにauでほぼ同条件で新規契約した場合、月額7,600円程度となります。半分の料金ですね・・・。

格安SIMとの違いは?

格安SIMとの違い

格安SIMの前にSIMの説明から入りますが、SIMとは契約者を識別するカードのことで、カードの中には個人の電話番号や契約内容等のID情報が記録されています。

通信会社とスマホで契約する場合は、必ずこの「SIMカード」が必要となり、これがないことには電話もデータ通信もすることができません。通常あまり目にすることがないのですが、もしあなたがスマホを持っていてどこかの通信会社と契約中であれば必ずスマホにセットされているということになります。

格安SIMとは、前段で説明した格安の料金でサービスを提供しているMVNOの会社から付与されたSIMカードのことで「格安料金+SIMカード」を掛け合わせた呼び方になるんですね。

ですので、格安スマホ=格安SIMではありませんが、格安料金でサービスを行っている通信事業者のことを総称して「格安スマホ会社」や「格安SIM会社」と呼んでいますので、その点は覚えていただけたらと思います。

SIMカードを選択する際の注意点

SIMカードは、契約した格安SIM会社から付与されるのですが、ややこしいことにサイズが「miniSIM」、「microSIM」、「nanoSIM」3種類あり、スマホ端末によってどのサイズが自分のスマホに合うのかを確認する必要があります。

安易に選んでしまうとサイズ変更申請をするのに余計な手数料(2,000円)がかかる上に、新しいSIMカードが手元に届くまで電話もネットも利用できなくなりますので十分注意してください。

サイズ確認については、それぞれの格安SIM会社の公式サイトで簡単に確認することが可能です。

SIMサイズ確認

まとめ

Point今回は、格安スマホの意味と格安SIMとの違いについてまとめてみました。ちょっとした知識ではありますが、これから格安スマホに乗り換えたいけど、言葉の意味や違いが分からないという方には参考になったのではないかと思います。

不安で分からない点は、ちゃんと理解してからの方が後悔のない格安スマホ会社選択ができますよ♪

-格安SIMの基本

Copyright© シムポン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.