シムポン

あなたのスマホ代をお得にするおすすめ格安SIMをご紹介!

格安SIMの基本

格安SIMに最低利用期間はあるの?契約解除料は必要なのか調べてみた

投稿日:

スマホの契約解除

携帯会社を乗り換える場合に、契約解除料が発生することがあることはみなさん知っておられると思います。

とくに大手キャリアからの乗り換えであれば、「2年契約をする対価として毎月の料金が安くなる」というサービスが多く、基本的に安い料金で契約をしたいのであれば、2年以内の解約および契約更新時期以外の解約の場合に契約解除料が発生します。

まあ、この契約をすることで料金がかなりお得になるのでしょうがないのですが、他の通信事業者に乗り換える際にはこの契約解除料があることで、乗り換えタイミングが難しくなったりといった問題点が・・・。

格安SIMに乗り換えをして、毎月の料金差で十分に元を取ることは可能ですが、できるだけ安くで乗り換えたいですよね。

そこで、大手キャリアでは契約解除料のことをよく聞くけど、格安SIMはどうなの?というひとつの疑問点。

格安SIMの会社によっては、契約解除料が発生しないということを聞いたりしますが、実際にどうなのか調べてみることにしました。

自分の使い方に合った格安SIMを選ぶことが大事ですが、ちょっと想像していたのと違ったから別の格安SIMに・・・。ということも考えられますので、格安SIMを選ぶ際の参考にしてください。

格安SIM会社にも2年縛りはあるの?解除料はいくら

大手キャリアからの乗り換え時だけに注目されがちな契約解除料ですが、格安SIMでも解除料が発生する場合があります。

一度契約してみて、やっぱり自分の使い方だと勝手が悪いから他の格安SIMに・・・。と考えることがあるかも知れませんので、大手キャリア同様に解除料発生タイミング解除料については把握しておきましょう!

UQモバイルの最低利用期間と契約解除料

UQモバイル

UQモバイルの場合は、契約内容(プラン)によって契約解除料が必要な場合とそうでない場合があります。

まず、必要ないプランはデータ通信専用の「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」。この場合は最低利用期間もなく、どのタイミングで解約しても解除料は発生しません。

反対に契約解除料が必要なプランとしては、先ほどのデータ通信に音声通話プランをつけた場合と、無料通話とデータ容量が込みになった「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」の2通りがあります。

それぞれで、契約解除料が必要な期間が異なり、「データ高速+音声通話プラン」では最低利用期間が12ヶ月となっており、その期間内での解約は9,500円が発生します。ただし、それ以降の縛りについては一切ありません。

おしゃべりプラン・ぴったりプランの場合は、2年契約が条件となっており更新月以外の解約であれば契約解除料9,500円が発生し、契約も自動更新となっています。イメージとしては大手キャリアと同様に考えてもらえばよいのですが、大手キャリアの更新月が2ヶ月あるのに対し、UQモバイルでは1ヶ月であることには十分注意しなければいけないですね。

UQモバイル2年更新イメージ図

LINEモバイルの最低利用期間と契約解除料

LINEモバイル

LINEモバイルについてもデータ通信専用のデータSIM(SMS付き含む)は契約解除料は必要ありません。

必要となってくるのは、LINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの内、音声通話SIMを選択した場合になります。

そして、解除料が発生するのは利用開始日の翌日を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までが対象となります。継続利用が条件となっていないので、それ以降はいつ解約してもOKなのがありがたいですね。ちなみに解除料は大手キャリアと同じ9,500円です。

mineo(マイネオ)の最低利用期間と契約解除料

mineo

mineo(マイネオ)の契約解除料は、プランにかかわらずどのタイミングで解約しても発生しません。以前は契約解除料がありましたが、平成27年7月から撤廃をしています。

ここまでだと、「おーさすがマイネオすげー!」となりますが、実は大きな落とし穴が・・・。

利用開始月の翌月から12ヶ月以内に電話番号そのままのMNP転出をした場合、解除料相当額が上乗せされて11,500円を支払わないといけないんです。(涙)

上記期間以降のMNP手数料は2,000円ですので、上乗せ額は9,500円。実質的に契約解除料を払っているのと変わりませんね。

ただし、MNPを伴わない解約の場合は0円となりますので、電話番号が変わってもいいという方にはメリットになりますね。あまりいないとは思いますけど・・・。

BIGLOBEモバイルの最低利用期間と契約解除料

BIGLOBEモバイル

最近au回線も追加され、マイネオと同じくドコモ回線とau回線が選択できるマルチキャリアとなったBIGLOBEモバイルですが、契約解除料の仕組みはマイネオとかなり違います。

まず、データ通信専用のプラン(SMS付き含む)については他の格安SIMと同じく契約解除料は必要なしです。

必要となってくるプランは、音声通話つきサービスの場合で、サービス開始日の翌月を1ヶ月めとして12ヶ月目までにMNP転出および解約をした場合に解除料が発生します。

そして、気になる契約解除料は8,000円!

他の格安SIMと比べると非常に良心的な料金設定になっています♪ただし、MNP転出するときの手数料が通常3,000円。契約開始月から3ヶ月目までが6,000円かかりますので、トータルで考えると他とあまり大差ないかも知れませんね。

U-mobileの最低利用期間と契約解除料

U-mobile

利用状況に応じて豊富なプランから選ぶことができるのが特徴のU-mobile。

利用者目線でよく考えられたプランだなぁとすごく関心するんですが、それぞれのプランで最低利用期間と解約事務手数料が設定されているので説明するのがちょっと難しいんですよね・・・。

ですので、なるべく分かりやすくということで一覧にしてみました。

【U-mobile 通話プラス】

プラン名最低利用期間解約事務手数料
3GB6ヶ月6,000円
5GB6ヶ月6,000円
LTE使い放題6ヶ月6,000円
LTE使い放題212ヶ月6ヶ月以内:9,500円
7ヶ月~12ヶ月:3,500円
USEN MUSIC SIM6ヶ月6,000円
U-mobile for iPhone(※1)12ヶ月6ヶ月以内:12,000円
7ヶ月~12ヶ月:6,000円
ダブルフィックス (〜3GB)6ヶ月6,000円
U-mobile MAX6ヶ月6,000円

※1 LTE使い放題プランとのセットプラン解除手数料含む

ここでの一覧は音声通話ができる通話プランです。データ通信専用のプランは他と同様に解約事務手数料はいりません。

こうして一覧にしても細かすぎて、まだパッと見ただけでは判断が難しいですね。

格安SIM契約解除料のまとめ

それぞれの格安SIMで多少の違いはありますが、総合的にみて大手キャリアより解除料が発生する縛りの期間や、契約解除料の金額面において優位なことが分かったのではないかと思います。

格安SIMの契約をする段階で、解約をする場合のことを考えられる方は少ないかも知れませんが、いずれにせよ知識として知っておくに越したことはありません。

実際に大手キャリアから乗り換える際は、この2年縛りが大きく関わってきますからね。

乗り換え先を検討するときは、このようなところにも気をつけて、最適な格安SIM選びをしていきましょう!

-格安SIMの基本

Copyright© シムポン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.